忙しい主婦はディフェンシブ銘柄で資産を増やそう

更新日:

株価は常に上がり続けるものではなく、景気に大きく左右されたり、材料に影響されて一時的に激しい値動きを見せる銘柄もあります。

一方で、激しく上がりもしないけど暴落もしない、比較的安定した株価の銘柄というものも存在します。

それがディフェンシブと呼ばれるものです。

ディフェンシブ銘柄が主婦トレーダーに向いている理由と、私が実践しているディフェンシブ銘柄の探し方をご説明したいと思います。

スポンサーリンク

ディフェンシブ銘柄とは

食品薬品などは景気が良くても悪くても生活に必要ですし、鉄道、ガスなどのインフラ関係、銀行通信事業者も生活に欠かせません。

景気が良かろうが悪かろうが、買わない訳にはいかない、使わない訳にいきませんね。

だから景気に左右されにくく業績が安定しているのです。そういう業種がディフェンシブです。

例えば

ガス事業なら東京ガスや大阪ガス

鉄道会社なら9006 京浜急行電鉄、9020JR東日本

などがディフェンシブ銘柄の代表格と言えるのではないでしょうか。

食品や薬品、鉄道会社などなら何でもディフェンシブかと言うとそうではなく、例えば薬品会社の中には、バイオ銘柄と呼ばれるものがあります。

バイオ銘柄は政府も注目する革新的な治療法や治療薬を生み出していますが、株価は動きが激しいため、チャートから目が離せません。

4563アンジェス、4565そーせいなどは、値動きの激しさを利用して利益を上げようとするトレーダーに注目されています。

こういう値動きの激しいものはディフェンシブ銘柄とは呼べず、じっくり取り組むことで利益を上げる長期保有には向きません。

ディフェンシブ銘柄の特徴は

景気に左右されにくく、安定していることです。

ディフェンシブ銘柄ってどこで探せばいいの?

有望株(銘柄)の発掘・選択をサポートするサイトKabutan」で、ディフェンシブ銘柄を簡単に探すことができます。

Kabutanにアクセスし

画像はKabutanより

「ディフェンシブ」で検索します。すると

このような画面が表示されます。

世のトレーダー達が、どのようなディフェンシブ検索に興味を持っているかがわかります。

同じくKabutanの「ディフェンシブ関連が株式テーマの銘柄一覧」を見ると

様々なディフェンシブ銘柄の株価やPER、PBR、配当利回りまで一度に見ることができます。

普段の生活で目や耳にすることの多い企業が並んでいますので、興味や親しみも持ちやすいのではないでしょうか。

PER、PBRその他についてはこちらの記事でご説明しています。

ディフェンシブ銘柄は株価が比較的安定しているため、長期保有しやすいと思います。

目先の株価の上げ下げに動じずじっくり取り組めば、定期預金に預ける以上のリターンの可能性があります。

もちろん業績の悪化や、どうしようもない悪材料等が出た場合は臨機応変に売却する必要がありますが。

ザラバをじっくり見る時間のない方や、まとまったお金を定期預金代わりに預ける先を探している方は、ディフェンシブ銘柄で資産運用することを検討してみられてはいかがでしょうか。

投資は余裕資金の範囲内で行ってください。

株式を売買される際はご自身でご判断の上、全て自己責任でお願いいたします。

-株トレード初心者が覚えておきたいこと

error: Content is protected !!

Copyright© 主婦マカヨが一人前のトレーダーを目指すブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.