年末は株高、掉尾の一振と言うアノマリーを鵜呑みにすると痛い目に遭うかも

更新日:

年末は株価が上がりやすいとかあちこちで目に、耳にしますが12月だからってそう単純に株価が上がるわけではないんですよね。

12月に入って日経が結構いい感じで上がっているので、特に今年は秋に恐ろしい下げが続きましたので、ここからの戻りに期待したくなりますが初心者(私)が引っかかりやすいのはココです。

12月の要注意点2つを書き留めておきます。

スポンサーリンク

海外のクリスマス休暇に注意

日本の株式市場を動かしているのは外国人トレーダーです。

海外ではクリスマス休暇というものがある国が多く、早い人で12月20日くらいから長いお休みを取る人が多いようです。

夏の閑散相場もそうですが、海外トレーダーがお休みしている時期は相場が盛り上がりません。

なので日本の株式市場もイマイチな動きになりがち。

確定申告に備えた税金対策に注意

年明けの確定申告に備えて、税金対策のために保有株式を一旦売っておこうと考える投資家が多いことも、12月に株価が下がる理由の一つです。

売りが出て下がった株価が、その後の買い戻しによって上がっていくため年末は株価が上がる、というイメージがあるのです。

まあ実際上がることが多いんですが(盲信注意)

ですから年末だからと言って順調に上がり続けるわけではなく、月の中ほどまでは重い動きになる年が多いなと感じています。

クリスマスを過ぎた26日、27日あたりから相場に外国人が復帰してきますので、「年末の株高」「掉尾の一振」が実現するのはホントに年末ギリギリだったりします。

(12月の下げてから上がる動きを、掉尾の一振と呼んでいます。)

そんなことを知らずに「年末の株高」という言葉を「12月は株高」と自分勝手に解釈してホイホイ売買し

「なんでこんなことになるの?12月は株高じゃないの?

上がると思って買ったのに、全然上がらない(´;ω;`)」

と嘆いたのも今となってはいい思い出、でもないですけど。

年明けは株が上がりやすい、というアノマリーもありまして、実際年明けすぐは株高になりやすいんですけど2018年の年明けはあんまりよくなかったですからね。

期待はするけど信じすぎず、という姿勢で臨みたいと思います。

-株トレード初心者が覚えておきたいこと

error: Content is protected !!

Copyright© 主婦マカヨが一人前のトレーダーを目指すブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.